妊娠するには適度な運動

妊娠するには適度な運動が効果的です!

血行をよくし妊娠しやすい体へ

冷え性は妊娠しにくい体を作ると言われているほど
女性にとって冷えは大敵です!!
 

 

 

日ごろからあまり体を動かすことが少なくなり
運動不足になると血行が悪くなってしまい体が冷えてしまいます。
デスクワークで一日中座りっぱなしで帰るころには足がパンパン・・・
肩こりや目の疲れもひどく・・・夏でも手足が冷たく冷えている・・・
という経験はありませんか?

 

 

私は長年ヒールの高い靴を履いて立ち仕事をしていましたので
毎日ふくらがぎがパンパンにむくんでいました(_ _。)
いつも帰りの電車の中ではヒールを脱いでふくらはぎをマッサージしたりしていました。
もちろん、運動なんてほとんどしていなかったのでかなりの運動不足でした・・・

 

 

なぜ冷え性が妊娠しにくい体を作ってしまうのでしょうか?

 

 

冷え性と妊娠の関係

体が冷えるということは血液の流れが悪いということです。
血液の流れが悪くなると体の機能自体を低下させてしまい、
代謝の低下や自律神経が乱れ、女性ホルモンのバランスを崩すことになってしまいます。

 

 

また、特に下半身の冷えは子宮環境を悪くしてしまい
生理不順や排卵障害、子宮内膜症などを
引き起こすことがあると言われています。

 

 

このことから冷え性は不妊の原因になる!と言われています。

 

 

冷え性を改善すれば妊娠できる!?

運動不足はなんとなくあまり良くないのでは?と思っていた私は、
とにかく少しでもいいので体を動かすことを始めよう!と決めました。

 

 

でも、もともと運動は好きではありません(*-.-)
いきなり走るとか激しい運動は無理です・・・(°m°;)
ウォーキングが良いと聞きましたが、ウォーキングする時間もありません・・・

 

 

そこで!カンタンなストレッチから始めることにしました!
お風呂上りにほんとに少しずつ♪
最初は前屈とか開脚とかそんな感じでした。

 

 

それからヨガが良いと聞いたのでやることにしました!

 


これは「合せきのポーズ」といって婦人科系の症状に効果があるそうです。
※体が硬いのであまり前に倒れていませんが・・・(;´∀`)

 

 


「片足ハトのポーズ」
骨盤が歪んだままにしていると内蔵の働きが悪くなり
ホルモンの分泌や血液の循環にまで影響するそうです。
骨盤を刺激するヨガのポーズはおススメです!
授かり骨盤を目指しましょう!

 

 

ヨガは時間がなくても基本の腹式呼吸をするだけでも効果的ですよ!
姿勢も良くなります!
姿勢が良くなると血行が良くなるんです!
血行が良くなると体温も上がります。
体温が上がるとホルモンの分泌も良くなります!
ホルモンの分泌が良くなれば子宮環境も整い
排卵もスムーズになってきます。

 

 

つまり!妊娠しやすい体になる!

 

 

毎日続けることが大事です!
1分でも良いので意識して運動することはとても効果的ですよ!

 

 

また、デスクワークの方にはカンタンにできる屈伸がおススメです!
2〜3時間おきに4〜5回屈伸するだけで血流が良くなりますよ!
いつもエスカレーターやエレベーターを使っているなら少しなら
階段を使うようにするのも効果的です!
下半身に筋力をつけることで血行を良くすることができますよ!

 

 

適度に体を動かすことは、体温を上げるだけでなく、
ストレス発散にもつながりますので積極的に体を動かしたいですね!

 

>>妊娠と性生活ページへ進む

 

36歳妊娠したい!TOPへ戻る