早く妊娠する方法

早く妊娠する方法

「不妊」の定義が2年から1年に変更されました!
病院での不妊治療を始める前に今からすぐにでも
できることから始めましょう!

早く妊娠したい

 

早く妊娠する方法は

夫婦ともに健康で体に異常がなく
きちんと排卵していて、
予測した排卵日に合わせて性生活をすること

 

早く妊娠するには、夫婦ともに体に異常がなく
毎月、きちんと排卵していることが大前提です!

 

 

毎月生理がきているから大丈夫!だと思っていませんか?
生理がきちんときているからと言って、
排卵しているとは限らないんです!

 

 

早く妊娠したい人が実践すべき3つのこと

 

1.自分のカラダの状態を確認しましょう

 

早く妊娠するためには、排卵していることが絶対条件です。
自分が排卵しているかどうかを知るためには
基礎体温をつけるのが良いでしょう!

 

 
これは当時私がつけていた基礎体温表です。
なんだか、ガタガタというか・・・
高温期が短すぎるというか・・・
私は、きちんと排卵しているのでしょうか?(;^ω^)

 

 

基礎体温表からわかることは

●高温期が9日以内と短い場合
黄体機能不全の疑いがあります。
子宮内膜が薄くなり受精卵が着床しにくくなるそうです。
着床しにくくなるということは妊娠しにくくなるということです・・・

 

●グラフがガタガタし二相に分かれていない場合
無排卵の疑いがあります。
排卵していない状態が続くと妊娠することは出来ません・・・

 

●高温期が長い場合
⇒高温期が14日以上続いているときは妊娠している可能性があります!

 

私の場合、高温期が異常に短い・・・
グラフがガタガタ・・・
以上のことから分かるのは、
黄体機能不全の疑いがあり、
無排卵の可能性がある!ということでしたΣ( ̄ロ ̄lll)

 

2.規則正しい生活を送りましょう

 

無排卵になってしまう大きな原因としては、
極端なダイエットや不規則な生活、
仕事などのストレスによる女性ホルモンの乱れです。

 

 

女性ホルモンのバランスが乱れると
無排卵や生理不順、更年期障害などを引き起こす原因となり、
子宮頸がん子宮内膜症子宮筋腫など
婦人科系の病気にもかかりやすくなってしまいます。

 

 

3.ストレスを溜めないようにしましょう

 

35歳を過ぎると妊娠するために必要な女性ホルモンが急激に
減り始めるとも言われています。
ただでさえ年齢と共に女性ホルモンが減ってしまうのに、そこへ
妊娠できない!というストレスを加えてしまうと
どんどん 妊娠しにくい状態になってしまいます。

 

 

女性の体は男性に比べ、年齢による体の変化がとても大きく、
特に37歳を過ぎると卵子の質がグッと低下してしまう
言われているので、
早く妊娠するためには、生活リズムや食生活の見直し、
ストレスを溜めないことがとても重要ですよ!

 

早く妊娠したい人必見!早く妊娠する方法

 

>>妊娠しやすい体をつくるページへ進む

 

 

36歳妊娠したい!TOPへ戻る